会場風景 公開のお知らせ

渡辺洋子個展「ロシアの伝統絵画 ジョストボの世界へようこそ」

2021年12月6日~11日/STAGE銀座 (東京・銀座)

2021年12月6日~11日、 ギャラリー STAGE銀座 (東京・銀座) で開催されました、個展「ロシアの伝統絵画 ジョストボの世界へようこそ」の会場風景が公開されました.静止画像、動画にてお楽しみください.


 

 

 

「手描きと手作りの世界」展・2022 ー渡辺洋子・曽根薫ー

2022年5月15日(日)~21日(土)/ギャラリー玻留

 

会 期:2022年5月15日(日)~21日(土)

時 間:11:00~18:00 ※初日は13:00~ 最終日は16:00まで

会 場:ギャラリー玻留

※18:00以降ご来場の方は、メール≫にてご連絡ください.

 

宇詠田ひかり氏のもとで学んだ二人が、それぞれの道を歩み、15年の時と場所を越えて、今回二人展を開催することとなりました。渡辺洋子のジョストボ・漆器作品、曽根薫の手描き友禅、ジャンルは異なれど豊かな色彩で描かれた多くの作品が会場を飾ります。ほとんどの作品はお買い求めいただけます。どうぞお気軽に足をお運びください。お待ちしております。

 

≪会場へのアクセス≫

会場:ギャラリー玻瑠/東京交通会館BF1

東京都千代田区有楽町二丁目10番1号

 

 

 

 

渡辺洋子 展2021 開催のお知らせ

-ロシアの伝統絵画 ジョストボの世界へようこそー

会 期:2021年12月6日(月)~11日(土)

時 間:11:00~18:00 ※最終日は15:00まで

会 場:STAGE銀座

〒104-0061 東京都中央区銀座8-5 銀座ナイン1号館1F

※18:00以降ご来場の方は、メール≫にてご連絡ください.

ジョストボをはじめとして、豊かな色彩で彩られた様々なジャンルのクラフト作品が会場を飾ります。

数量限定のサプライズ素材コーナーも併設し、皆様のお越しをお待ちしております。どうぞ、お気軽に足をお運びください。

お問い合わせはこちら≫ 


≪会場へのアクセス≫

STAGE銀座

〒104-0061 東京都中央区銀座8-5 銀座ナイン1号館1F

  • JR新橋駅銀座口2分
  • 東京メトロ銀座線新橋駅3、5出口1分 東京メトロ各線銀座駅B5、6出口6分

“ZHOSTOVO-ジョストボ”-その比類なき色彩世界

 

 

流行から僅かに離れた場所で、それはある種の束縛の中で徐々に純度を上げ、最も完成された様態を保ちながら時間とともに語り継がれるような静謐な趣.作品と呼ばれるものは多かれ少なかれそのような傾向を有するものでもある.

 

ZHOSTOVO-ジョストボと呼ばれる18世紀末のロシア圏で派生した絵画の様式がある。

一般的な言い方はここでは避けよう.ジョストボに関する解説はこちら≫

ジョストボとは、というよりは、私たちが“ZHOSTOVO-ジョストボ”によって経験するのは、“思考の転回点をもたらす色彩の氾濫と記号性の喪失”、そして、“漆黒の闇から溢れるように湧きあがり、圧倒的な迫力によって視覚を支配する色自体の世界”.なのである.

当サイトでは、ジョストボだけが有する圧倒的且つ優雅な色彩世界を経験していただきたく、東京都在住のジョストボグレードマスター、渡辺洋子氏の作品を公開させていただくものである.

尚、PCサイトでは大きな画像も用意してあるので、端末では物足りない場合、そちらも併せてご覧いただきたい.

Atelier Rue & Roro ( アトリエ ルート・ロロ ) PCサイトはこちら≫

 [ 作品の権利に関するご注意 ]

当サイトにおける作品(当サイトのデザインの一部として作品の部分を利用したものも含む)の著作権は、Tricia Joiner氏に帰属し、そのデザインはSlava Letkov氏及び、Misha Lebedev氏によりなされたものです。無断でのデザインの転載、複写、引用は固くお断りいたします。(c)Tricia Joiner design by Slava Letkov、Misha Lebedev